デミオ 値引き 目標

デミオ 値引き 目標 マツダ


2014年9月に発売が発売して2016年の2月の時点でも順調に売上を伸ばしてきています。2015年の年末には一部改良もあったということもあり、好条件は一時期よりもでにくくはなってきてるようです。マツダは最近、車両本体を安くするのを渋ってる傾向にあるそうなので、オプションとかを安くしてもらうということを狙ったほうがうまくいくかもしれませんね。

デミオ 値引き 目標 交渉


コンパクトカークラスはフィットとかアクアとか好調な売上を記録してるので、こういったライバル車としっかりと競合させることが大事になってきます。ディーゼルであれば、アクアやフィットHVと競合させて、ガソリン車であれば、ノート、フィット、スイフトあたりと競合させると有効です。

最初にライバル車のメーカーで見積りをしてもらい、それから本命としてデミオの交渉をスタートさせましょう。ただ、最近は、このライバル車の競合で大幅に安くするのは厳しいようです。こういった交渉術はネットでも広まっていますし、営業マンのほうも分かってるので見透かされてしまうことも多いようです。ある程度安くしてもらえたらあまり強引に安くしてと要求しないほうがいいかもしれませんね。





デミオ 値引き 目標 価格


具体的にどのくらい安くしてもらうことができるのかという点ですが、2016年2月の時点では10万円から15万円前後ということが多いようです。交渉術や時期、地域などによっても変わってきますのであくまで参考程度にしてこのくらいを目安に交渉を進めていきましょう。

ネット上ではもっと大幅に安くしてもらったという方もいますが、そういうのは特殊な事情があったりする場合もあるのであまり気にしないほうがいいと思います。他の人と競って安くしてもらおうとすると強引な交渉になりやすくなってしまう恐れもありますし、そうなると営業マンの方も面倒くさい客だと思って良い条件がでにくくなります。理由なく安くしてくれと交渉しても難しいのですし、無理に自分の主張だけを通そうとするのは控えたほうがいいようです。


交渉の前の事前準備


現在乗っている愛車があり、乗り換えという場合には愛車の価値がどのくらいなのかを事前に確認しておきましょう。これをしないとディーラー下取りで大幅に安く買い叩かれてしまい大きな損をしてしまう可能性が高くなります。

こういった損をさけるためには事前に愛車の一括査定をして相場を把握しておくのが大事です。複数の業者に査定をしてもらうことでおおよその相場が分かります。一般的には買取のほうが高くなりやすいので下取りではなく買取業者に買取りしてもらうのも有効です。下取りよりも数十万円高く売れるということもありますのでかなりお得になるケースも多くなっています。

中古車の買取業者というのはディーラーよりも販路が豊富で海外とか独自のオークションシステムを持っていたりするので高く買取っても利益がでる仕組みになっています。複数の業者に査定を依頼するため多少の手間と時間がかかりますが、それ以上に金銭的なメリットは大きいといえますので、ぜひやっておくようにしたいですね。

せっかく大事に乗った愛車が安く買い叩かれるのは悔しいと思いますし、一括査定を利用して正しい相場で買い取ってもらいましょう。

こちら↓で無料できますのでぜひチェックしてみてください。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。