デミオ 値引き 最大

デミオは2016年4月~9月の販売台数が25,814台となっていてなかなか苦戦しているようです。ライバルのアクアが81,826台、フィットが52,675台なのでだいぶ離されていますね。

昔はマツダ地獄という値引きが大きくなることも多かったマツダ車ですが、近年この方針が転換されて最近は車両本体の値引きを厳しめにしています。こうしたメーカーの方針もあり値引は厳しめになっているので販売が伸びていないという事情があるのかもしれません。

ただ、このクラスはライバルも強力で値引きを渋っていては売れないということで少しづつ本体の値引きも拡大傾向にあるようです。

2016年の年末商戦に向けて少しづつ値引きが拡大してくのではないかといわれています。トヨタ、ホンダも年末商戦に力を入れてくるでしょうからフィットなどと競合させるとけっこういい値引きも引き出しやすくなりそうですね。

こうしたライバル車との競合と同時に販売店同士の競合も有効なのでいろんなマツダ店を回ってみて見積もりをしてもらうのが有効です。店舗を多く回ることで競合させやすくなるのでなるべく3店舗以上回ったほうが好条件につながりやすいです。価格重視であることを伝えてしっかり安くしてもらいましょう。


あとは本体の値引きが厳しい場合には付属品の値引きもしっかりと狙いましょう。マツダ車は本体の値引は厳しめということが多いですが、付属品についてはけっこう割引してくれるところが多いようです。値引がだめなら付属品をもっと安くしてくれないかという感じで交渉していきましょう。


乗り換えで下取り車があれば交渉に入る前に中古車の一括査定をしてもらうようにしましょう。ディーラーの下取りだと数十万円安くなることもあるので、査定をしてもらってもすぐに決めないで一括査定サイトを利用したほうがいいですよ。

無料で簡単にできますのでめんどくさがらずにやっておきましょう。
↓ ↓ ↓
かんたん車査定ガイド

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。